読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ryushin Aizawa Blog

// W O N D E R V E R //

10/5

インタビューを受けた。

たくさん喋っているけれど、実際はこの5倍くらい喋っている。テープ起こしすごく大変だったはず。ありがとうございましたほんとうに。もう1回したい。されたい。言いたいことはまだまだある。

それから対談もさせて頂いた。Lucky Kilimanjaroのボーカル熊木くんと次世代エレクトロポップ対談。

話したことがなかったので戦々恐々としながら臨んだ対談だったけれど、つつがなくお話させて頂きました。何年も見て来たメディアに自分の記事が載っているということがいまだに不思議な感覚。ありがとうございます。そしてそのイベントに呼んでもらえるという奇跡。10/10はみんな渋谷asiaへ。音響がWONDERVERに絶対合うと皆口を揃えていうので期待している。


9/30は新代田FEVERにてライブだった。

この前後は新曲の制作で寝ず勉状態だったので記憶が朦朧としている。出番寸前まで歌詞を書いていた。ライブはパワーヒッターしんや選手の初登板、Fall Out Boy的アプローチによりポップパンクバンドへと変貌した。見に来てくれた地元の先輩であるMONOBRIGHT桃野くん松下さんや対バンしたSTOROBOYなど諸先輩方に恐縮しきりの1日。ライブ後8人で横浜行きを計画するがもはや恒例のびっくりドンキー打ち上げの時点で数名力尽き撃沈、またしても横浜行きは断念。ちなみに前回横浜に向かった時は降りるべき高速の出口を見失いひたすら南下、気付けばそこは横須賀だった。Uターンして帰路に着いた悲しい思い出。幻の横浜。


10/4は下北沢BASEMENT BAR & THREEにてJUKEBOX主催のLucky Kilimanjaro & Orca Shoreレコ発パーティー。

トップバッターTENDOUJI、16:30スタートにも関わらずTHREE大入り。我々に勝るとも劣らないポップネスに力強い美メロ、どんな環境でもしっかり抜けてくる2人のボーカル。キャラクターも立っていてアイドル性もコミュ力もある、大好きなバンド。

WONDERVER演奏時にはBASEMENT BARも一度入れば出られないレベルの満員御礼。ドラムのタケルは前日フレデリックのサポートで仙台だったにも関わらず、深夜に帰宅後我々の新曲を詰めるため個人練習でスタジオ入りするという愛と気合。新曲が上がって5日でライブで演奏するバンド。

超盛り上がってくれてありがとう。後半汗でほぼ目が開かず。

そして破竹の勢いを見せるMARQUEE BEACH CLUB、12月に催される彼らの初企画に呼んでいただいた。

11/8には下北沢シェルターにてTENDOUJIのレコ発にも呼んでもらった。

好きなバンドのイベントに呼んでもらえることはとてもありがたい。TENDOUJIレコ発もマーキーと一緒。今月末の大阪もマーキーと一緒。3本連続。伊香賀さんの怖さとあすかちゃんのかわいさは相殺されて、あとにはこぶいちくんの僕に対する適当さが残るバンド、マーキービーチクラブ。


告知ばっかりになってしまった。終わり。

そういえば、月々の料金がほとんど変わらないとのことでついにiPhone6sに機種変更した。
思えばあれは2年前。今はなき新宿ミラノWORLD WAR Zを鑑賞後興奮しながら歌舞伎町を歩いていた際に落下、粉砕したiPhone4s。昨日まで使っていたのはその足で新宿のソフトバンクへ赴き手に入れたiPhone5だった。いままでありがとうiPhone5。中学生の頃にはマトリックスを劇場にて鑑賞後、大興奮で走りながらキアヌリーブス演じるネオの真似をしていたら転んで足を折ったことがある。みんな、映画のあとは気が緩む。気をつけろ。

映画といえばキングスマン。今年ベスト級の最高傑作だった。
とにかく僕はダメな男の成長譚に弱い。ハイ・フィデリティしかり、ライアー・ライアー、リアル・スティール、ブギー・ナイツ、ミッドナイト・イン・パリ、、枚挙に暇がない。キングスマンはひたすらセンス良く、嫌味なくふざけ通してくれるのに、芯に誠実さがずっしりと根を張っている映画だった。
低所得層の街のゴロツキが一世一代のチャンスをモノにして大出世を果たすアメリカンドリームものムービーとして涙が出るほど気持ちいいし、もちろんスパイ映画として胸が張り裂けんばかりにワクワクする。そしてなによりあの素晴らしいスーツである。次から次へと登場するヤバいスーツたちも、イギリス文化のトラッドなスタイリッシュさと合わせて映画の世界観を確固たるものにできている要因である。
みんな見た方がいい。映画見まくる人もあんまり見ない人も、誰もが楽しい映画だと思う。それが最高で一番難しい。

これなんのブログだったっけ。

9/11

夏が終わった。
サマーソニックBAYCAMP、海に川に地獄のバドミントンに、今年の夏はいろんなことをした。生涯ベスト夏を進呈したい。おめでとう今年の夏。

さかのぼること約3週間。
8/17は下北沢シェルターでライブだった。
2年ぶりに元WONDERVERドラムの青山とバンドをした。彼はドラムからはすっかり足を洗い、遥か遠くエチオピアにておいしいコーヒー豆を真心込めて作っていたのだが突如帰国、ドラムを最後にもう一度叩きたいと朝の4時にうちに懇願しに来たのだった。ベースには闘志漲るノリくん初登板。みんなの隠れたショタ心をくすぐるベイビーフェイスノリくんの登場にざわめくオーディエンス。エモーショナルさ強めにフレッシュな気持ちで楽しく演奏した。

ライブ終了後青山の車でみんなでびっくりドンキーへ(終電もとっくに終わっているのに過積載により自分が置いていかれると悟った瞬間のギター藤本の顔が脳裏に焼きついている)。何を食べるかより誰と食べるか、とは澤田くんがよく言っていたがその通りである。何億回と食べたはずのバーグが殺人的な旨さだった。過去最高の多幸感に打ちのめされ全員が瀕死だった。びっくりドンキー荻窪店は僕らの貸切。閉店するまでしっぽり余韻を味わい、この素晴らしい夜が終わらなければいいのにとその場の全員が思っていた。青山がコーヒー栽培に飽きたらまた一緒に演奏したい。愛してるぜ青山。

その日のリハ後、茨城の写真家瀬能啓太氏に写真を撮ってもらった。天才。きちんとアー写を撮ってもらいたい。
f:id:aizawa_ryushin:20150911011103j:image

ライブやリハーサルがない間は曲を作りながら、最近忙しくなってスケジュール確保が難しくなってきたAny大森くんと武に代わるリズム隊を見つけるべく、何人ものミュージシャンとリハーサルをしていた。才気迸る2人により極限までハードルが上げられており、サポートメンバー探しは難航している。我こそは、という人がいたら連絡をください。

9/3にはとある媒体のインタビューを3人で受ける。ほとんど僕1人で1時間半好き放題に喋りまくった。引きこもって作曲していた2年間がやっと報われ出したのだと感じる。インタビューアー氏のノートにはぎっしりと質問事項や流れがメモされており、きちんとその人にしかない理由があっての興味関心を持ってもらえていることに感動した。あまりの真摯さに身の引き締まる思い。

9/5はBAYCAMPに出演。
サマーソニックと同じくこちらも一般公募枠での出場だったのだけれども、出演時間がかなり早かったにも関わらずたくさんの人が見にきてくれて安堵した。そして感謝した。
終了後、翌日もライブだということで早めに19時頃会場を後にするが、なんと会場近くにラウンドワン川崎店を発見。バドミントン部が発足するほどに運動中毒のWONDERVERとしてはこれを素通りするわけにはいかず、朝飯前とばかりにスポッチャを3時間キメる。自らの運動神経の良さを再確認。さらにそこから我々は限られた時間を惜しむようになぜかお台場へ向かっていた。夜景を見た。みんなで夜の砂浜を歩いた。さらに東京タワーへも行った。なぜか?わからない。いま考えたって、なぜかなんてきっと誰にもわからない。あした死ぬかも知れないから。
そう、後悔なんてしたくないから。

翌6日、案の定全員バキバキの体で代々木ザーザズーにてライブ。入りが謎に早い。不幸を感じる。全員が前日の自分を呪う。
4年くらいぶりに会った地元の大先輩であるシュリスペイロフのみんなに覚えてもらえていてホッとする。なのにキーボード村上はドラムのブチョーさんのことを野口さんと呼んだ。奈津子、野口さんは、ベースだよ。MCでいじってもらえて感謝する。宮本さんはおじいちゃんみたいになっていた。僕らはとても良いライブをしたように思う。

次のライブは16日、下北沢シェルター
f:id:aizawa_ryushin:20150912022215j:image
つくばロックフェスのフィクサー伊香賀さん&印象派というバンドの企画に招致頂いた。振り絞るのみである。みんな来てくれ。応援してくれ。おれたちはまだまだ行くぞ。攻めるんだぞ。

8/16


"バケモノの子"みんなで鑑賞。
映画で泣いたことが無いというギター藤本の宇宙人ぷりをよそに僕と村上大号泣。余韻に浸る我々に上映時間が長かっただのニヤニヤしながら文句を言う藤本。避けるようにして帰宅。


あとは何十年ぶりに海へ。
千葉の端っこ沖ノ島
f:id:aizawa_ryushin:20150817055001j:image

あわびの卑猥さに舌を巻く僕と青山
f:id:aizawa_ryushin:20150817055028j:image

生前は他の全てをなげうって野球に打ち込んでいた柳田
f:id:aizawa_ryushin:20150817055150j:image



そしてサマーソニック出演前日。
ソニックマニア会場の幕張メッセから公開生放送のJ-WAVEに出演させてもらう。

MADEONやDILLON FRANCISなど観させて頂く。超盛り上がる。呼んでくれた藤田琢己さん、J-WAVE TOKYO REALEYESのみなさんありがとうございました。

3時に終了後一度帰宅ののち、4時間ほど眠り再びサマーソニック会場へ。異様な晴天である。灼熱である。搬入しただけで汗だくになる。

搬入を終えたころ会場ではPAELLASが演奏していた。まっとんくんの長袖黒シャツに強い決意を感じた。汗の滴るいい男である。終演後にもらえる奇跡のダサさの出れサマTシャツすら着こなしていた。

そして我々の演奏。

一切日陰のない地獄の直射日光の中、たくさんのお客さんが集まってくれた。わざわざ僕らを見るためだけに来てくれたという人もたくさんいて、とても嬉しかった。ありがとうございました。

写真はロケットダッシュレコード伊香賀さんのものを拝借。会いたかった。

f:id:aizawa_ryushin:20150817060827j:image

一瞬で終えたステージのあと、びしょ濡れのままに飲んだイープラスから頂いたビールがとてもおいしかった。ビールがあんなにおいしい飲み物だとは知らなかった(でも20分くらいして再度飲んだらやはりあまりおいしくなかった)。


疲弊して重たい体に鞭を打ち、なんとかビーチステージまで足を運びTUXEDOを全編観る。あまりの素晴らしさにヘコむ。"ここまで出来てやっとミュージシャンだぞ"と言わんばかりの、圧倒的なステージングだった。"なにが出れサマじゃボケ"。目の覚める思いだった。モニターがどうだとか誰が走ったとか間違ったとか、おれはいつまでそんなレベルにいるのかと、悔しくてしょうがなかった。

あとはもうなにも観る気になれず、みんながジェームズブラウンバンドを観終わるまでひとり車で休んでいた。

ジェームズブラウンを経て帰ってきて、ドラマーに打ちのめされて泣きそうだというタケルと、ニコニコで"リズム感が良くなった気がする"とはしゃぐ村上。ひとりケミカルブラザーズを観たらしく僕に"あれはなにがいいんですか?"と訝しがる大森くんと、9ミリなんちゃらにて前の方で大暴れしてやりましたと勝ち誇る藤本。

サマーソニックが終わった。


そしてあしたはまたライブである。


ツアー中のAnyの2人に代わり、サポートドラマーはWONDERVER前ドラマーの青山。僕は彼のドラムも彼自身も愛しているので、また一緒にバンドができて感無量である。リハもなにもかもが楽しくてしょうがなかった。

ベースには新キャラであるノリくん。ジャニーズ系イケメンなので今後の活躍に乞うご期待。


観に来てくれ。頼むぜ。


8/1

f:id:aizawa_ryushin:20150802020642j:image
日本のTeenage FanclubことTENDOUJIとわれわれWONDERVERで、渓流まで行ってBBQした。
バンドをまた始めて、友達が増えた。
友達いないから、とはもう言えない。

はるか昔のことに感じるけれど、7月4日は下北沢Threeでライブだった。
僕らにMARQUEE BEACH CLUBとLucky Kilimanjaroという、夏のエレポップフェスティバル。すし詰め満員のThreeにて楽しく歌わせて頂いた。

MARQUEE BEACH CLUB、いまの僕の1番のライバルである。このまま頬を噛みちぎって食べてしまってもよかった。

7月、それ以外のライブは無し。
制作に時間をかけたかった。いくつもいくつもデモを作ってはボツにしてを繰り返し、少しづついま演奏すべき音楽を探す。
自分との戦い。

15日にはサマーソニック2015の出演を賭けたオーディションのライブ審査。
審査員しかお客さんがいなくても、人前で歌うのは楽しい。ゴリゴリのスーパーカー世代である僕はいしわたり氏の前で演奏できて感慨深かった。全員が僕らを見ながらすげーまずそうにケータリングの弁当を食らっていた。

そして出演が決まる。
2012年度の覇者であるSTOROBOYのボーカルARAKI先輩に、君ら勝てるから出た方がいいよ、と言ってもらったことがきっかけで応募したこの出れソニ。
周りのみんなにも"WONDERVERは出れるソニ"、"落ちるはずがないソニ"などと口を揃えて言われていたので、出演が決まっても喜びよりもとにかく安堵が勝ってしまったソニ。
お客さんや友人、応援してくれるいろんな人に10日間も連日投票させて勝ち取った出場権である。意味のあるものにしなければならない。ありがとうございましたほんとに。いつも通り歌ってきます。

9月からはまたライブが増えて、関西の方にも行くことになりそうである。
まだまだこれからだけれど、半年でできることはひとまずやれたはずだ。
おれはこんなもんじゃない。見てろ。おれはこんなもんじゃない。おれはこんなもんじゃない。


7/2

ひと月ぶりだ。
寝る間も惜しんで曲を書いていた。ブログのグの字もない生活だったのだ。
すべての情報のアウトプットをTwitterに頼っている状況だ。やっていない人たちはウェブやらブログやらを見るしかないので、怠ってはならない。Twitter離れしたい。いつも甘えてごめんありがとうTwitter

はるか昔のことになるのだが、先月12日はサウンドクルージングのアフターパーティに出演させてもらった。深夜イベントということもあり非常に盛り上がる。みんな酔っ払って踊ってくれた。
しかし特筆すべきはギターの藤本。

テキーラのショットを何発も飲まされ、まるでなにかに吊るされた木の枝が風に舞うかのごとく力の抜けた、だがしかし妙にアバンギャルドなダンスステップをMARQUEE BEACH CLUB最前で披露。全然集中できなかった。さらにのちのONIGAWARAではサイリウムを持つファンの女子たちよりも前にて踊りまくり、振り付けで前方に手を伸ばしたサティフォ氏の手に触れるべく誰よりも必死に手を伸ばす珍プレーを披露。ライブ後サティフォ氏に『やたらアッパーな奴いるなと思った』と言わしめる。

だんだんお酒が飲めるようになってきた気がする。もうカシスオレンジ一杯で茫然自失とはならない。


そしてそのMARQUEE BEACH CLUBとWONDERVERで、相互Remix企画を催した。


マーキーのこぶいちくんも僕も1人で作曲、アレンジまでしてしまうタイプである(むしろ今回のはリミックスというよりリアレンジというべきか)。これからこういうスタンスで活動するバンドは増えてくるだろうし、DTMの敷居もすごく下がったので、リミックスってもうDJやリミキサーにしかできないものじゃないんだよと僕は声を大にして言いたい。言うよりやった方わかりやすいので、こぶいちくんに頼んだのだ。

なんにせよ、楽しんでもらえたらいい。


そして唐突に、TBS JUNK 伊集院光深夜の馬鹿力にて、WONDERVERの楽曲をオンエアしてもらった。


中学の同級生の影響でラジオにハマり、当時は平日深夜1〜3時のTBS、アップスという枠が俺的ナンバーワンだった。深夜の馬鹿力爆笑問題カウボーイコサキンでワァオ、極楽とんぼの吠え魂など、毎日布団の中で笑いをかみ殺して聴いていた。なかでも深夜の馬鹿力は大好きで、聴き逃して眠ってしまったときなどは翌朝本気で落ち込んだものである。

将来そのラジオでおまえの作った音楽がかかるんだぞ、とその頃の自分に教えてあげたい。まず信じないだろうけれど。そして伊集院さん、WONDERVERの発音がワンダー バー↑だったので、やはりリベンジの必要がある。まだまだこれからだ。浮かれている場合じゃない。


そしてあしたはライブである。

リリースも決まって話題のLucky Kilimanjaroに前述のMARQUEE BEACH CLUB、そして僕ら、ダンス・エレポップおもくそお見舞いするよ。シティポップだなんてそんな悠長なこと、言わせない。


ていうかTHREEにお客さんみんな入るのだろうか。

6/1


サウンドクルージングった。

120組の出演者と、誰より運営スタッフの皆様、お疲れ様でした。歌わせてくれてありがとう。


15時から朝5時までのイベントのトップバッター且つ別会場では下仁田ねぎのDNAを組み替え生成されたサイボーグ軍団NegiccoがGIGをしている中、僕らのライブを観るために結構な人数がベースメントバーに集まってくれた。僕は嬉しかった。パスの引き換えでやたら時間がかかったらしく、知り合いは軒並み間に合わなかったみたいだったけれど、それでもみんなわざわざこんなところまで、、と冷たい麦茶でもお出しするかのように全体的にデッドでトレブル強めのパキッとしたエレクトロポップをおもくそぶちまけた。

全然眠れなかったうえ重篤な便秘で相澤のコンディションは極端にひどく(出番の3分前までトイレにいた)、ステージ上でも複数のトラブルに見舞われたりしたのだが、相澤選手ステージに上がりだして気付けばもう10年である。ライブは口角上げて楽しんだ。電源の入らないシンセをノリノリで弾いた。

サポートしてくれたオワリカラの亀田も一週間でよくあそこまで仕上げてくれたものです。ありがとうございました。たけるも。会場にたけるが1人でいる光景が不思議すぎて、『あれ、大森くんは?』などと訊いてしまったなそういえば。アホか。


そしてこれねこれ

アフターパーティ呼んでもらったよ。ありがたい。話題のNATURE DANGER GANGに全員戦々恐々としつつ初のオールナイトイベントとても楽しみです。


あとは

無料でしかも限定です。聴いてね。アーバンだよ。


5/28

まさかの下北沢サウンドクルージング出演。マジで寝耳に水だった。
ドラムはレギュラーサポートのたける、そしてベースにオワリカラサイコパスキーボードカメダ。
オファーが遅く大森氏スケジュール合わず、日も近いしただでさえ忙しいのに諦め半分で相談したら2つ返事で引き受けてくれたカメダ。すごい量の男気が迸った。そして僕は結成から3ヶ月のこの快挙に興奮して深夜に外に飛び出した。アイスを買って外で食べた。今期の最優秀アイスはセブンイレブンのパインのシャーベットみたいなやつだ。あのシリーズはどのフレイバーもフルーティ全開でやばい。カメダを始めセブンイレブン、そして森羅万象に感謝する。同時に2年間の自分の頑張りを讃えた。

19日はネストでライブだった。
ライブを観に来てくれたたくさんの人と約3時間ひたすらトークをする。飲めないアルコールを入れテンション上げて望む。いくらお礼を述べても、述べれば述べるほどに何も伝えられなくなっていく気がする。音楽で返す。
nano.RIPEで全都道府県ワンマン行脚中らしく5月は5日しか東京にいないという青山も見に来ていたので、彼の車でみんなで甲州街道沿いのあぶらーめんへ。油そばもとてもうまいけれど、ここはチャーハンが最高である。ゴロゴロのチャーシューがこれでもかと入っている。

23日は新宿MARZへライブを観に。
TENDOUJIが素晴らしかった。
PAELLASもモロにそうだったけれど、長年つるんでいないと絶対に出ない"チーム感"はバンドにとって何にも変えがたい武器になる。普段から同じものを見聞きしているがゆえの服装だったり、雰囲気、グルーブなんかはいくら演奏がうまい連中が出そうとしても出るものではない。学生時代の同級生だとか、そんなの夢とロマンの塊ゆえ僕は無条件にポジティブな印象を持ってしまう。メロもきれいでコードワークも全編通して筋が通っている上、いい意味で『できることしかしない』美学を感じるバンドだった。初期Aztec Cameraを思い出した。
あとはMARQEE BEACH CLUB。これはもすこししたらとある発表があるので、そこでまた言及しようと思う。

ひとまずサウンドクルージングがんばろうと思います。
f:id:aizawa_ryushin:20150529045500j:image